Posted on: 2020年1月30日 Posted by: admin

会社で使う経費をカードで精算することのメリット


法人向けのデビットカードの活用を

会社で発生する経費を精算するために、法人向けデビットカードを作成する企業が増えています。社員が出張の際に利用する経費なども、会社でカードを作成しておくことで、事前の仮払い申請の必要がなくなり、事務的な手続きが簡略化されていくのです。クレジットカードとは違い、デビットカードの場合には、引き落としが即日である点も、会社で好まれている理由です。法人口座にある残高から即時引き落としを行なう形ですから、余計な事務負担が経理部門に発生しないのです。業務上で必要になった備品の購入なども、法人向けのデビットカードがあれば、経理担当者以外の方が対応することになっても、問題なく対処することができるのです。

迅速なカード発行が可能な点も魅力

デビットカードの場合には、クレジットカードとは違い、スピーディに発行できる点も魅力です。発行に際して迅速な審査を伴わないため、申し込んで一週間程度の短い期間でのカード発行が可能です。カードを利用するにあたっての会費もかかることなく、余分なコストをかけずに所持できる点も人気です。

法人口座を所持している場合は、取引先との入出金を含め、社員が使う経費の引き落としに至るまで、会社で扱う資金を一元管理できるようになります。カードによってはポイント制度が付与されていたりと、使うほどに還元されるメリットもあります。多くの経費が発生する企業では、現金での支払いよりも、デビットカードを使った決済のほうが良かったりするのです。

法人のデビットカードを持つメリットは即時決済されるためその場で引き落としすることができ、手軽に使いやすい点が挙げられます。また、発行を申請してから発行されるまで時間がかかりません。